INTRODUCTION

「自分が志している"表現"とクリエーターとして生み出す自分の"表現"が乖離しているんです」

そんな会話がなされてから数年が経過しようとしている。
イラストレーターとしてキャリアをスタートさせてから確かに活躍の場は増えてきた。
イラストも、アニメも、文芸も、音楽も、多くの文化・芸術に関わる立場にいながら、自分の目指す”表現”と乖離しているとすれば、クリエーターとして「創作に対して真摯な姿勢」だといえるのか。
その迷いや葛藤は私たちまで届いていない。

そして、改めて考えてみる "loundraw" とは?

《COMMON》には"普通"や"共通"などの意味がある。
私にとっての"普通"、あなたにとっての"普通"。自己と他者に"共通"するなにか。

《PROJECT COMMON》はloundrawが監督する短編アニメーション映画の制作をゴールとしながら、イラスト、デザイン、アニメーション、ストーリーなど。作品を構成する要素を様々なカタチで発表するプロジェクト。

現時点で決まっていることは発表方法のみ。
ここからloundrawが何を生み出すか、生み出せるのか。
自分自身として、クリエーターとして、自己の間で揺れ動くloundrawの未だ見ぬ”表現”を私たちは目にするのかもしれない。

そんな”真実の表現”に挑む創作者の姿を追った
このドキュメンタリーを是非お楽しみください。

MESSAGE from loundraw

たくさんの絵を描いてきました。
自分の悩みや嫉妬、理想を描く。そんな始まりでした。
奇しくも、それが人との繋がりを生み、広がり、今日の僕がいます。

幸せです。
とても恵まれていると思います。
でも、このままではダメになってしまうでしょう。

人の顔色を伺う自分がいました。
間違えないように。
裏切らないように。
僕はいつからか、誰かが思う”僕”であるための努力をし始めました。

変わらないといけない。
だから、挑戦をします。

短編アニメーション映画を作ります。
ストーリーと映像の中で、新しい世界を探します。

個展を開催します。
もう一度、自分の絵を見つめます。

COMMON、共通の。
そんな言葉がふさわしい気がして、プロジェクト名にしました。

どんな時でも変わらない、確固たる自分を見つけたい。
このプロジェクトは、僕と皆さんで本当の”loundraw”を探し出す挑戦です。
楽しみにしていてください。

何卒よろしくお願いします。

loundraw sign

Illustrator loundraw

イラストレーターとして10代のうちに商業デビュー。透明感、空気感のある色彩と、被写界深度を用いた緻密な空間設計を魅力とし、様々な作品の装画を担当する。2018年7月、監督・脚本・演出・レイアウト・原画・動画・背景と制作のすべてを手がけ、声優・下野紘、雨宮天らが参加した卒業制作オリジナルアニメーション『夢が覚めるまで』がバイラルヒット、2017年9月には自身初の個展『夜明けより前の君へ』を開催するほか、小説『イミテーションと極彩色のグレー』、漫画『あおぞらとくもりぞら』の執筆、音楽アート集団・CHRONICLEでの音楽活動など、多岐にわたる。2019年1月FLAT STUDIOを設立。

Inquiry Now

お問い合わせはこちらへ